2011年注目TV

【水】
水曜どうでしょうClassic (KHB24:15-24:45)

最近の記事

気になるリンク

カテゴリー

月別アーカイヴ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログリスト

プロフィール

せんと

Author:せんと

本家Blogはこちら

 TEAM-NACSでは安田顕さん、音尾琢真さんのお二人から目が離せない、舞台観劇初心者。
ダイアログ・イン・ザ・ダークの仙台開催熱烈希望!
 一生のうち、必ずルーヴル美術館に行きたい私です。

---

FC2カウンター

ひねくれ小童
常にエキセントリック自分目線で!映画や舞台などの感想をメインに書いてます。TEAM-NACSの安田さん・音尾さん、劇団☆新感線の右近さんを暴走気味に応援中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07秋クール注目TV
ワタシ的、07秋クール注目の番組をリストアップしました。
サイドバーにありますのでどーぞ。
ちなみに、放送局はローカル表記になってますのでご注意を。

・・・なんだかんだいって、結構見てますね(笑)。

放送前に期待していたのは、水曜10時の「働きマン」。
菅野美穂が久しぶりのドラマ主演っちゅうことで楽しみにしていましたが、うーん演出がなんかあんまり好きじゃないかも。マンガをドラマに起こすとき、原作(ファン含む)・監督・脚本・演出・キャストとどのバランスが欠けてもダメなんだなあと思いました。
というわけで、火曜10時の「有閑倶楽部」。
本当に大好きなマンガなので、全作持ってますけど・・・キャスト発表の時点で口アングリ。話も、本来5人全員が主役なので、誰か一人を際立たせるとバランスが狂う。それを違和感なしにやるには・・・無理があったなあと。念のため、と思って1話を見たけど、悠理と可憐はかーなりマッチしてて良かった。あとは、口チャック。せめて美童は、本当のハーフかクウォーターを配役してほしかった・・・!ま、それ以降見てないです。はあ。

予想外だったのは「歌姫」。舞台版は観ていませんが、ドラマにしたって流れが自然で良いね。舞台(お芝居)のホンをドラマにするのって難しいよね。逆もそうだと思うんだけど・・・。舞台は、カラメルのように煮詰めたエッセンスそのもののようでしょ。無駄なものがない。そこに水を入れて延ばすのが、ドラマ。水を入れ過ぎて薄くなっても不味いし、逆に煮詰め過ぎても、苦み走ったり硬くなり過ぎて口にできない。その変換がうまく行ってるので、「歌姫」は良作だと思います。舞台版が見てみたいなあ。

「暴れん坊ママ」・・・は、特に言及なし(笑)。
最初はどうなることかと思ったけど、結構見続けてます。たとえ大泉さんファンだとしても、私はドラマが面白くなかったら見ませんので。大泉さん過去出演ドラマ(連続もの限定)の中では、二位くらいの出来なんじゃないかと。・・・一位は言わずもがな「ハケンの品格」です。

あと、リストには書かなかったけど「モップガール」、結構好きです。
クールに関係なく見ているのは、ドラマじゃないけど「探偵!ナイトスクープ」。
もちろん、どうクラもですが。
ナイトスクープはバカバカしかったり、泣かせたりと、ふれ幅がすごいんだけど、皆一生懸命なんだよな!私とママンはもう、毎回毎回、局長のように目を細めたり爆笑したり、泣きながら見てます(笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://suidou4649.blog27.fc2.com/tb.php/99-f485384c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お勧めステージDVD

HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)

◎噂の男 DVD

HONOR~守り続けた痛みと共に
HONOR~守り続けた痛みと共に

新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
七人の恋人
七人の恋人

SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」

キレイ 神様と待ち合わせした女
キレイ 神様と待ち合わせした女

powered by G-Tools

みるメモ

必ずみるメモ
2011年
*『港町純情オセロ』(東京/5月~)
...and more

出来ればみるメモ
*LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』(3月~仙台ほか)
*『ベッジ・パードン bedge pardon』(6/6~7/31、世田谷パブリックシアター)
*ウーマンリブvol.12『SADSONG FOR UGLY DAUGHTER』(6月~東京他)
*TEAM NACS『5D』(詳細未定)
*新感線プロデュース『髑髏城の七人・零』(秋以降・詳細未定)

...and more

みたまんまのうごき

■2011年のうごき
○1月
*グループ魂『客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負』(zepp仙台)
○2月
*真心一座身も心も ザ・ファイナル『流れ姉妹 たつことかつこ~エンド・オブ・バイオレンス~』(東京/本多劇場)
*葛河思潮社『浮標』(東京/吉祥寺シアター)
*毎日かあさん(映画)
*琉球ロマネスク『テンペスト』(東京/赤坂ACTシアター)
…coming soon

過去のうごき
2010年のうごき

ブログ内検索

RSSフィード

かっぱっぱ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。