2011年注目TV

【水】
水曜どうでしょうClassic (KHB24:15-24:45)

最近の記事

気になるリンク

カテゴリー

月別アーカイヴ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログリスト

プロフィール

せんと

Author:せんと

本家Blogはこちら

 TEAM-NACSでは安田顕さん、音尾琢真さんのお二人から目が離せない、舞台観劇初心者。
ダイアログ・イン・ザ・ダークの仙台開催熱烈希望!
 一生のうち、必ずルーヴル美術館に行きたい私です。

---

FC2カウンター

ひねくれ小童
常にエキセントリック自分目線で!映画や舞台などの感想をメインに書いてます。TEAM-NACSの安田さん・音尾さん、劇団☆新感線の右近さんを暴走気味に応援中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌の翼にキミを乗せ 感想(※ネタバレあり)
歌の翼にキミを乗せ ~ロクサーヌに捧げるハイネの詩~

7月12日の東京公演を皮切りに、大阪、札幌にて公演の予定。
私は14日(土)、昼の部を見ました。

まだまだ公演が始まったばかりです。以下に書く感想は、
ネタバレ却下の人はご遠慮ください。
では、「続き」に書いちゃいます。
ネタバレありのため、改行するぜ。









































もういいかな?念のため、文字色も変えます。
全公演が終了したら、元(黒い文字色)に戻すにょろ。

感想。
原作『シラノ・ド・ベルジュラック』をじっくり読んでから観ればよかったかも。(内容は大体知っているんだけどね・・・)そうすれば、視点が変わって楽しめたかもしれない。
・・・ハイ。期待しすぎたせいか、観終わってからグッタリしました。

シラノの時代背景を、太平洋戦争の日本に置き換えたストーリー。
キャストも演技も申し分ない。が、どーもしっくりこない。

戦争の描き方にムラがあるのと、鍵を握る役の設定がしっかりしていないように思えた。そのせいか、私のように、太平洋戦争に対してある想いを持っている人間には複雑な感情を呼び起こす舞台でした。
観月ありささんの初舞台だもの、その日本人離れした八頭身美人という素晴らしい個性を生かして、原作のシラノそのままを演れば良かったのでは・・・。
話が、辛すぎた。
中盤の、村杉蝉之介さんと4人の二等兵たち、そして安田さん演じる緒方がいなかったら、感情移入できるキャラがいなくて、厳しかっただろうなあ。

フミ(観月さんの役)は、戦時下の日本女子ではありえない自由奔放さ。動きが、表情が、どーも現代的すぎたのかも。おしとやかで物静かな大和撫子的雰囲気は、戦後のシーンでしか感じられない。いくら戦時中に若い年齢であっても、あそこまでは、ちょっとなあ。
チョウソンハさん演じる福田二等兵も、祖国を奪われ日本人として生かされ、テニアンで一矢報いたなら、戦後に元上官のカバン持ちなんかしないのでは?そして、西村さん演じる浦野に恨みを持つようなシーンって、あったか?・・・という点で、感情移入しかけた福田も、戦後のシーンで「ポカーン」。カバン持ちは、福田じゃダメだよ。

後半の戦後のシーンでは、フミが真実の愛を知る。が、短く感じた。生まれてこのかた浦野が抱き続けた思いに対して、フミの言葉はそれに応えるには、随分軽いような。

・・・そう、前半に比べて、後半(戦後)がどうも、突拍子の無い感じがしたんだよね。
さっき書いた福田二等兵はもちろん、元上官も、浦野も、どうしてどうして前半の流れとそぐわない。
ラストの亡霊・・・のくだりは、西村さんがとても素晴らしい演技をしているのだけど、置き去りにされている感じがぬぐえない。浦野が戦後、戦友たちの遺族の元を訪れる理由がもう少し描かれていたら・・・あすこで涙するだろうに。

ああ・・・と、ため息をついて席を立った舞台でした。
一緒に観に行ったお友達も同じ思いだったようで、ちょっとホッとしました。ゴメンなさいね、公演も始まったばかりだというのにこの毒づきよう。

でもホントに、何が言いたいのか分からなかったわ。主題は何?
シラノが原作なら、本当は「男女の愛」がメインになるはずでしょうに。そこに戦争を絡めたせいか、ステーキが冷しゃぶになりました~みたいな感じで、フミと浦野の悲恋話は一気に薄くなっちゃったような。
私は家族愛と、真実の愛を知った男(緒方)の死にゆくさまだけ心に残ったわ、って感じ。
とにかく、村杉さん演じる永田曹長と、4人の二等兵は良かった!
村杉さんが一番好き。戦いから離れた永田は「お父ちゃん」の顔だったもの。4人の二等兵と共に、「人」という存在だった。家族への想いに心を打たれたよ。
これから観る人は、彼らを見てほしい!
安田さんは、言うまでもないから何も書かないでおこうっと(笑)。
・・・強いて言えば、「ザ・安田!」なシーンがいくつかあって、可愛らしかったってことかしら。うふふふ。


ハイ、以上でネタバレありの感想は終了。
『歌の翼』はまだ、公演が始まったばかり。
私は今回しか観に行くことはできないのだけど、千秋楽までに何かしらの変化があれば良いなあと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://suidou4649.blog27.fc2.com/tb.php/89-65327a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お勧めステージDVD

HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)

◎噂の男 DVD

HONOR~守り続けた痛みと共に
HONOR~守り続けた痛みと共に

新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
七人の恋人
七人の恋人

SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」

キレイ 神様と待ち合わせした女
キレイ 神様と待ち合わせした女

powered by G-Tools

みるメモ

必ずみるメモ
2011年
*『港町純情オセロ』(東京/5月~)
...and more

出来ればみるメモ
*LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』(3月~仙台ほか)
*『ベッジ・パードン bedge pardon』(6/6~7/31、世田谷パブリックシアター)
*ウーマンリブvol.12『SADSONG FOR UGLY DAUGHTER』(6月~東京他)
*TEAM NACS『5D』(詳細未定)
*新感線プロデュース『髑髏城の七人・零』(秋以降・詳細未定)

...and more

みたまんまのうごき

■2011年のうごき
○1月
*グループ魂『客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負』(zepp仙台)
○2月
*真心一座身も心も ザ・ファイナル『流れ姉妹 たつことかつこ~エンド・オブ・バイオレンス~』(東京/本多劇場)
*葛河思潮社『浮標』(東京/吉祥寺シアター)
*毎日かあさん(映画)
*琉球ロマネスク『テンペスト』(東京/赤坂ACTシアター)
…coming soon

過去のうごき
2010年のうごき

ブログ内検索

RSSフィード

かっぱっぱ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。