2011年注目TV

【水】
水曜どうでしょうClassic (KHB24:15-24:45)

最近の記事

気になるリンク

カテゴリー

月別アーカイヴ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログリスト

プロフィール

せんと

Author:せんと

本家Blogはこちら

 TEAM-NACSでは安田顕さん、音尾琢真さんのお二人から目が離せない、舞台観劇初心者。
ダイアログ・イン・ザ・ダークの仙台開催熱烈希望!
 一生のうち、必ずルーヴル美術館に行きたい私です。

---

FC2カウンター

ひねくれ小童
常にエキセントリック自分目線で!映画や舞台などの感想をメインに書いてます。TEAM-NACSの安田さん・音尾さん、劇団☆新感線の右近さんを暴走気味に応援中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAKEとハマケンと私。
2月3日(土)
SAKEROCKライヴ@仙台パークスクエア
w/kiseru

まず、最初っからトンチンカンをやっちゃった。
会場のパークスクエアを、何故かビーブベースメントシアターと
勘違いしており(このテの勘違いは、本当によくやってしまう)
わー開演しちゃうんじゃないか!?と、あわてた、あわてた。
ありえねえ!一番町と本町じゃかなりの差だよ!
仙台の地下鉄で1駅違うっつったら、結構な距離を歩くのだよ!
もう、地理に関する自分の予想はハナっから捨てよう。
地理に関しては、自分を信じるな!(猛省)

サケロックと出会ったのはいつだろう?ごく最近だ。
9月だ。え、半年近く前ですか。それでも「まだ」半年、だ。
大人計画フェスティバル参加のとき、いろいろ調べ物をしていて
どーやら役者さんの中に、バンドをやっている人がいるらしい。
そしてそれは、グループ魂さんとは別の人だと知ったのでした。
それから2ヶ月が過ぎ、ウーマンリブ先生を観るために
深夜バスへ乗る前に、友達のおうちに寄せてもらって
SPACE SHOWER MUSICで、PVを見せていただいた。
おおう。なんとステキな音なのだろう!
そしてウーマンリブ先生の中での星野源ちゃんたら!魅力的。
そこからグイグイ!引っ張られていったと思います。

さて、パークスクエア。
kiseruさんが終わって(これまた良い音楽でした)、
いよいよSAKEROCKの登場。
小さなハコなので、客席すぐ横のドアから登場。
そして、その場で円陣を組む。

※あ、続きの一番下にアタイのツボを書いておきまーす。
songs of instrumentalのジャケットと同じ、白いバンドスーツ。
ステージ上、ハマケンだけが客席を見て気持ち悪いほどの笑顔。
笑顔!笑顔!横分けヘアスタイルが、妙にふぁさっとしてる。
ぺったりじゃない。ポマードとか使ってないのね。
(どこ見てんだ、私)
「いやぁ~仙台、どうも~」と、またあの笑顔でしゃべるハマケン。
ヤバイ、この人から目が話せない!源ちゃんそっちのけだ!
カクバリズムのカクバリ社長が宮城出身だそうで、
おうちに寄せてもらったときずんだを食べたんだよねえ~、
というハナシをしたり。

演奏が始まると、あの、ダンスというより狂喜乱舞な動き、
そして「あぶねえ!」とたまに心配になるマイクパフォーマンス。
そして、とある曲の途中で
「めっちゃすっきゃねえ~ん♪めっちゃすっきゃねえぇええ~ん♪」
と、気持ちよく歌いだした。何なんですかこの人は!
熱唱してるけども!そして、どえらい楽しそうだから、
こっちもボルテージ上がってくるわ!

でもね、トロンボーンを吹くときは一転。
すごく真剣に吹くのね、あの人。
テンションが上がりすぎた後だったのか、なめらかな音が
出せなかったときに、ちょっと眉間にしわを寄せて演奏。
そんなまじめなハマケンに、胸キュンしちゃったじゃないの。
コレは恋か?そうなのか!?

新参ファンなので、セットリスト等は分からないのですが
おもしろかったー!楽しかったー!
ゲーム「MOTHER」のエイト・メロディーズのカヴァーでは、
かなり胸が熱く、ぐっとなった。
良かったー。すげえ幸せー。

いつもはエルレやオアシスや、モトリークルやマリマンや
比較的、ガツンガツンのロック好きな私。
だけどSAKEROCKの音は、すんなり入ってきました。
いいのかなと思いつつ、立ち位置はかなり前の方で
スピーカーがすぐ横。
ボリュームは大なのに、何故か身体が癒される感覚。不思議・・・。

いやあ、至極のひとときでした。
ありがとう、SAKEROCKちゃん。そして連れて来てくれたお友達の
みんな。おかげさまで、いいものに出会えました。

以上、SAKEROCKライブ初体験の長駄文感想でした。
今度はサケ魂で!!


■個人的ツボ

*ステージに上がる前の調整で、何故かTシャツにマフラーを
巻いて現れた源ちゃん。何だ、乾燥してたか?
その後、バンドスーツで現れた源ちゃんのお顔には、
ヒゲが!!ちょびヒゲが!
ちょび整った織田信長みたいなヒゲが!(しつこい)
これを隠すためだったのかな。くくく。ステキだな!

*ハマケンが余談(ネタ)の途中で、ハナシを忘れてしまったのか
源ちゃんに「何だっけ・・・」と聞きに行った。
めっちゃかわいい。ちなみに、ネタはジブリだった。
(前日の金曜ロードショーで『千と千尋の神隠し』だったせい?)

*ライブ終盤。マイクスタンドをぐわしとつかみ、足元から
天井に伸ばすハマケン。気持ちよさそう。
天井が低いからぶつかりそうになると、客席に向けだした!
皆はおそるおそる、マイクに手を伸ばす。私も、触っちゃいました。
ご利益、ご利益。(何の?)

*シューズが普通のデッキシューズみたいだった。
靴底は輪ゴムの色だったような。
ハイ、見えたということは、2回くらいかな?ハマケンが
ダイブをしました。
今まで見たダイブの中で、一番穏やかなダイブでした。
ダイブっていうか、騎馬戦で一番上に乗ってる人
みたくなってたけど。
でも、おかげで一番後ろのお客さんまで、顔が見えたと思う。
ありがとう。

*田中くんがらーめんずのギリさんに見える件。

*アンコールで、kiseruのお二人を呼んで
「スーダラ節」熱唱。
ステージ上の6人が、すごく満足そうなお顔をしていた。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://suidou4649.blog27.fc2.com/tb.php/49-46fda4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お勧めステージDVD

HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)

◎噂の男 DVD

HONOR~守り続けた痛みと共に
HONOR~守り続けた痛みと共に

新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
七人の恋人
七人の恋人

SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」

キレイ 神様と待ち合わせした女
キレイ 神様と待ち合わせした女

powered by G-Tools

みるメモ

必ずみるメモ
2011年
*『港町純情オセロ』(東京/5月~)
...and more

出来ればみるメモ
*LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』(3月~仙台ほか)
*『ベッジ・パードン bedge pardon』(6/6~7/31、世田谷パブリックシアター)
*ウーマンリブvol.12『SADSONG FOR UGLY DAUGHTER』(6月~東京他)
*TEAM NACS『5D』(詳細未定)
*新感線プロデュース『髑髏城の七人・零』(秋以降・詳細未定)

...and more

みたまんまのうごき

■2011年のうごき
○1月
*グループ魂『客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負』(zepp仙台)
○2月
*真心一座身も心も ザ・ファイナル『流れ姉妹 たつことかつこ~エンド・オブ・バイオレンス~』(東京/本多劇場)
*葛河思潮社『浮標』(東京/吉祥寺シアター)
*毎日かあさん(映画)
*琉球ロマネスク『テンペスト』(東京/赤坂ACTシアター)
…coming soon

過去のうごき
2010年のうごき

ブログ内検索

RSSフィード

かっぱっぱ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。