2011年注目TV

【水】
水曜どうでしょうClassic (KHB24:15-24:45)

最近の記事

気になるリンク

カテゴリー

月別アーカイヴ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログリスト

プロフィール

せんと

Author:せんと

本家Blogはこちら

 TEAM-NACSでは安田顕さん、音尾琢真さんのお二人から目が離せない、舞台観劇初心者。
ダイアログ・イン・ザ・ダークの仙台開催熱烈希望!
 一生のうち、必ずルーヴル美術館に行きたい私です。

---

FC2カウンター

ひねくれ小童
常にエキセントリック自分目線で!映画や舞台などの感想をメインに書いてます。TEAM-NACSの安田さん・音尾さん、劇団☆新感線の右近さんを暴走気味に応援中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタマクサントラとともに爆走
チャリで、爆走。「リンスは~♪」とか口ずさみながら
今日は爆走通勤しました。いえーい。ノリノリ!
ロックは爆走に合うよね!だってどちらも「走る」もの。
(タイヤとサウンドもしくは指・・・はいお粗末お粗末)
でも頑張りすぎておしりが痛い。
どんだけ気合入れてペダルを踏んでるのさ、自分。

さてさて、メタマクのパンフとサントラについてー。
ネタバレ含みますよってに、ご注意ください。
メタルマクベスのサントラCDは、劇場で売ってます。
3000円です。バンド「メタルマクベス」のポスター入り!
(内野さんのお顔が気になるポスターです。・・・馬?)
(それよりも粟根さんのヅラ・・・すごいぞ!)
(※↑の言葉は悪いが、ほめてます。愛ゆえの暴言です)

メタルマクベスというお芝居が、ほぼミュージカルのようなものなので
SHIROH・・・とまでは行かないけど、セリフのような歌詞になって
います。でもれっきとした「曲」になってるのよ。
そこはさすが、クドカンだ!という感じでしょうか。
(メタルマクベスの作詞は、全てクドカンがしてます)

生歌には敵わないけど、内野さんの声の伸びがすごいっすよー。
松さんは「さすがミュージシャン!」という感じです。
でもやっぱり、生歌には敵わない。
松さんの生歌は、音の上がり下がりの幅がものすごく広いんです!
あの高いキーから、腹にビリビリ響くような低い声になるのか!て。
あと、森山未來くんの声。若いのに、音がブレない。すげー。

サントラ2曲目、『炎の報告』。
ご自身もライブ活動をしてる冠徹弥さんが、メインで歌う
ってーか、シャウトしてるのだけど、それが気持ちいいんだー。
ANCHANG好きーの私にはたまらないものが。(笑)
しかし!ここで特筆したいのは有起哉っち!
北村さん!半テンポほど入りが遅い!!
「わーやべっ!遅れた!焦る!うわー声が上ずる!裏返る!!」
そんな心の葛藤が見えるような、有起哉っちの声を聞くたびに
アタイはニヤニヤとしてしまうのです。ツボだわ。(笑)

3曲目『魔女の予言』(だっけか?手元に歌詞カードないんだよ)
うーこーん!うーこーん!!
右近ファンのメガネから見る(聞く)には、薄味。ちょっと残念。
でもCDだと右近さんの声が、一番よく聞こえるなあ。
生歌は、魔女3人の声がネットリからみあって、完全に別物の
声になってるし。何か降りてきてる!て感じがした。

6曲目『リンスはお湯に溶かして使え』
7曲目『ダイエースプレー買うてこいや』
この2つは、プロモーションビデオ(!)がパンフ付録の
DVDに収録されてます。劇中でもスクリーンで流れるの。
リンス~のプロモは面白いよ。
ヤンキースタイルのじゅんさんと有起哉っち
(じゅんさんが先輩、有起哉っちは後輩という設定らしい)
が、銭湯に行って仲良くシャンプー・リンスをして帰るんだけど
歌詞もプロモも、ちゃーんとオチがついてる!(笑)
前に記事で書いたけど、リンス~の歌詞に

 リンスはお湯に溶かしてつかえ~♪
 直接頭に~すり込んだら~コロス~♪


という内容があって、それがプロモで忠実に再現されてるのだ!
リンスを直接頭にすり込んだ有起哉っちを見たじゅんさんの、
顔が怒りに染まって・・・顔が・・・
顔が・・・轟天になったーっ!!
ひえー!このとき、青山で笑いを堪え切れなかったよー!!
周りの皆さんも「ぶふぉ!」て、吹いてました。うひひ。
ちょっとねえ、このプロモのためにパンフを買え!言っても
過言でないね。素晴らしいよ細かいよ。

ダイエースプレーは、ヘドバンかましてますので
みんなのヅラがもさもさ言ってて好きです。特に有起哉っち!
昔のhide(X-JAPAN『紅』あたり)を思い出したよ。
・・・ちょっとセンチメンタルになったけど。ぐすん。
このプロモは、メタルマクベスのライブ映像みたいなつくりなので
バンドらしい。鋲入りの衣装とか、細かいところまで見れます。
じゅんさん(役名は「バンクォー橋本」)の衣装がいいよ。
というか、じゅんさんの動きがいいよ!
ラストカットがたまらないよ。(笑)

メタマクのサントラは、内野さんのソロが多くて
次いでメタルマクベス(バンド)、松さん、森山くん、
アンサンブル、といった感じでしょうかね。
個人的には門番役の皆川猿時さんも、歌うシーンがあれば
楽しかっただろうなあ、と。
ただ、門番は門番じゃなくて、終始カヲルさんじゃん!
(※グループ魂の港カヲル)
という印象がありましたね。
あそこまでカヲルぶりを発揮されるとはな!
アレか。ウーマンリブの轟天VS港カヲルのリバイバルか。
って思うほど、カヲルさんでした。うふふ。

さーてもうあと2日か?
29日から、『メタルマクベス』大阪公演が始まりますね!
アタイももう一回くらい見たかった~。
楽しんできてくださいませ!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://suidou4649.blog27.fc2.com/tb.php/27-3376d663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お勧めステージDVD

HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)

◎噂の男 DVD

HONOR~守り続けた痛みと共に
HONOR~守り続けた痛みと共に

新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
七人の恋人
七人の恋人

SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」

キレイ 神様と待ち合わせした女
キレイ 神様と待ち合わせした女

powered by G-Tools

みるメモ

必ずみるメモ
2011年
*『港町純情オセロ』(東京/5月~)
...and more

出来ればみるメモ
*LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』(3月~仙台ほか)
*『ベッジ・パードン bedge pardon』(6/6~7/31、世田谷パブリックシアター)
*ウーマンリブvol.12『SADSONG FOR UGLY DAUGHTER』(6月~東京他)
*TEAM NACS『5D』(詳細未定)
*新感線プロデュース『髑髏城の七人・零』(秋以降・詳細未定)

...and more

みたまんまのうごき

■2011年のうごき
○1月
*グループ魂『客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負』(zepp仙台)
○2月
*真心一座身も心も ザ・ファイナル『流れ姉妹 たつことかつこ~エンド・オブ・バイオレンス~』(東京/本多劇場)
*葛河思潮社『浮標』(東京/吉祥寺シアター)
*毎日かあさん(映画)
*琉球ロマネスク『テンペスト』(東京/赤坂ACTシアター)
…coming soon

過去のうごき
2010年のうごき

ブログ内検索

RSSフィード

かっぱっぱ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。