2011年注目TV

【水】
水曜どうでしょうClassic (KHB24:15-24:45)

最近の記事

気になるリンク

カテゴリー

月別アーカイヴ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログリスト

プロフィール

せんと

Author:せんと

本家Blogはこちら

 TEAM-NACSでは安田顕さん、音尾琢真さんのお二人から目が離せない、舞台観劇初心者。
ダイアログ・イン・ザ・ダークの仙台開催熱烈希望!
 一生のうち、必ずルーヴル美術館に行きたい私です。

---

FC2カウンター

ひねくれ小童
常にエキセントリック自分目線で!映画や舞台などの感想をメインに書いてます。TEAM-NACSの安田さん・音尾さん、劇団☆新感線の右近さんを暴走気味に応援中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタルマクベス-1-ネタバレほぼ無し
観劇の順序から言ったら、仙台で観た『カラフルメリィでオハヨ』
の方が先なんですが、メタルマクベスの方が感想の量が
多くなりそうなので(笑)、こちらから先に書くことにします。

5月27日(土)・青山劇場・昼の部。
12時半開演~16時半閉幕。
(↑こんなに長い観劇は初めてだな、多分)
席は2階のA席、左側壁近く。

2005年夏、『SHIROH』のゲキ×シネを渋谷で見たことから
「新感線の楽しいお芝居が観たい!」と思っていました。
(吉原御免状の時は、お金と余裕が無くて行けなかった)
そして、ロック大好きの私にとって、『メタルマクベス』は
願ってもない舞台でした。
ヘヴィメタルサウンドと舞台!何ちゅうたまらん組み合わせ!!
だからチケが取れたときは嬉しかったなあ。
まず、お芝居の方から。
ストーリーはコチラ
・・・で。メタルマクベスは、本当に『マクベス』でした。
いつもどおり、原作や上演前に流れる情報をほとんど見ないまま
行ったので、クドカンの脚本らしく(?)
荒唐無稽なお話なのかなあ・・・と思ってました。
で、観劇後に(遅いよ)、新潮社文庫『マクベス』を買って
読んでみたら・・・いや驚いた!
確かに荒唐無稽、笑いどころはたくさん入ってるんだけど
シェイクスピアの『マクベス』を、しっかり踏んでる!
原作を、クドカンが読みやすいように噛み砕いて組み直した感じ。
また、聞き慣れてる音楽と共に進んで行くから、尚更すいすい~と
世界に入っていけましたねー。

舞台の作りも、豪華だったなあ。
そりゃチケット代が高いはずだわ・・・(苦笑)
小物もそうだけど、舞台装置がとにかく豪華です。
あんなのが出たりするなんて、おーい!もう!どんなセットじゃ!
TDLやUSJのアトラクションみたいでした。

出演されてる役者さんは、客演の方も劇団員の方も、本当に実力派
勢ぞろいって感じでしたわ。
歌で一番驚いたのは、内野さんと松たか子さん。
すご!何だろう、このガツンガツンと腹に撃ちこむような、
力強い歌声は!
でも寂しい内容の歌では、ちゃんと切なく歌い上げてる。
さすが、音楽に造詣の深い人たちを集めただけのことはあるなあ!
と、感心しました。
サントラも買いましたが、当たり前だけど生歌の方が一番良い!
エネルギッシュだし、声の伸びや音域の変化などがもう・・・。
凄いの一言しか出ません。
上條さんは言わずもがなですね。御大ですものね。
演技でも、役者さんの特技をふんだんに盛り込む内容に
仕上がってます。
演技では・・・もう、松たか子リスペクト。ワナビーマツタカコ。
あのお方は、どうしてあんなに振れ幅が広いんだ?

いやー、観に来れてよかったなあ。
前にここで「他の人の感想が・・・」ってグチっちゃいましたけど
自分で感想を書いてみると、テンションが戻りますね。(笑)

まずはサラリとこんな感じで。
次からネタバレ、がしがしやって行きますよ~。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://suidou4649.blog27.fc2.com/tb.php/18-1cb96933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お勧めステージDVD

HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)

◎噂の男 DVD

HONOR~守り続けた痛みと共に
HONOR~守り続けた痛みと共に

新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
七人の恋人
七人の恋人

SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」

キレイ 神様と待ち合わせした女
キレイ 神様と待ち合わせした女

powered by G-Tools

みるメモ

必ずみるメモ
2011年
*『港町純情オセロ』(東京/5月~)
...and more

出来ればみるメモ
*LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』(3月~仙台ほか)
*『ベッジ・パードン bedge pardon』(6/6~7/31、世田谷パブリックシアター)
*ウーマンリブvol.12『SADSONG FOR UGLY DAUGHTER』(6月~東京他)
*TEAM NACS『5D』(詳細未定)
*新感線プロデュース『髑髏城の七人・零』(秋以降・詳細未定)

...and more

みたまんまのうごき

■2011年のうごき
○1月
*グループ魂『客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負』(zepp仙台)
○2月
*真心一座身も心も ザ・ファイナル『流れ姉妹 たつことかつこ~エンド・オブ・バイオレンス~』(東京/本多劇場)
*葛河思潮社『浮標』(東京/吉祥寺シアター)
*毎日かあさん(映画)
*琉球ロマネスク『テンペスト』(東京/赤坂ACTシアター)
…coming soon

過去のうごき
2010年のうごき

ブログ内検索

RSSフィード

かっぱっぱ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。