2011年注目TV

【水】
水曜どうでしょうClassic (KHB24:15-24:45)

最近の記事

気になるリンク

カテゴリー

月別アーカイヴ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログリスト

プロフィール

せんと

Author:せんと

本家Blogはこちら

 TEAM-NACSでは安田顕さん、音尾琢真さんのお二人から目が離せない、舞台観劇初心者。
ダイアログ・イン・ザ・ダークの仙台開催熱烈希望!
 一生のうち、必ずルーヴル美術館に行きたい私です。

---

FC2カウンター

ひねくれ小童
常にエキセントリック自分目線で!映画や舞台などの感想をメインに書いてます。TEAM-NACSの安田さん・音尾さん、劇団☆新感線の右近さんを暴走気味に応援中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシュストーリー
MOVIXのポイントがそろそろ切れそうで、何を見るかなーと悩んだのだけど、「あ、なんだか個性的なメンツが揃ってるなあ」という理由と、原作の伊坂さんが仙台在住だという、何ともカンタンな理由でコレに決めた。

フィッシュストーリー

たくさんの人の話題に上がっているヤッターマンとか見ろよ、ってトコなんですけど…でも、ヤッターマンはいつでも見れそうじゃん?どこでも見れそうじゃん?始まったばかりだし。それに比べて、フィッシュストーリーは今週でMOVIXでは上映終了、ということも私の背中を押した要因の一つだった。

えーと…。
説明が難しい映画です(笑)。言葉じゃなくて見て感じろ!というか。理屈はいらねえな、と(笑)。見終わった後、何だか「う…うわああ!」と叫びたくなる(目からウロコ的な意味で)。いや、内容は荒唐無稽なんだけど、妙にスッキリする映画でした。
あと、何だか嬉しくなったね!
「世の中に無駄なことなどない」がモットーの私なのだけど、うん!私間違ってなかったよ!って、より自信が持てた気がする。だからなのか、映画館から出た後、何だかウキウキしながら帰った。

そーれーにーしーてーも。
キャストの素敵すぎるメンツに惚れぼれですよ。高良くんはいいですね。いい男子ですね。美しいですね。顔立ちはもちろんだけど、映画の中の高良くんは純で繊細で、薄いガラス細工でできた香水瓶のようで、今にも壊れそうだった。でも骨太なところもあったり…ほぅ。時効警察に出てた背の高いお姉さんも今回の映画にちろっと出ていたんだけど、とても美しかったわー。特に、客に向かってキレるところ?(笑)最高です。
未來くんは言わずもがな。あの身体はどうなってんスか?
多部未華子ちゃんは今期の朝の連ドラの主役もやってますが、いーねー。目の離せない子だよね。あの、顔をくちゃくちゃにして泣いちゃうところとか、もうすっごく可愛いかった。いじめて泣かせてみたくなるなあ(笑)。もし「イタズラなkiss」が映画化されることになったら、あの子が琴子役をやったらいいと思う!
南朋ちゃんのあのいかんともしがたい胡散臭さは、いったい何なんだろうなー。(褒め言葉です)

まるでコントをみているかのように、とか、超バカバカしくって凄く面白い、というわけではないけど。
いい映画だと思います。
今までグチグチと仕事のこととか家のこととかを考えた頭が、まっさらになれるね!
冷たい鉄棒に身体が触れて、きゅっとなった後に今まで出来なかった後ろ回りが急に出来てしまってぐるぐる止まらなくて、ヤベーと思った瞬間にすとん、と地面に足がついて立ったような感覚の面白さでした、って分かりづらいか(笑)。
この感想は、映画を見た人にはきっと分かってもらえると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://suidou4649.blog27.fc2.com/tb.php/165-36cd5318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お勧めステージDVD

HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)

◎噂の男 DVD

HONOR~守り続けた痛みと共に
HONOR~守り続けた痛みと共に

新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
七人の恋人
七人の恋人

SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」

キレイ 神様と待ち合わせした女
キレイ 神様と待ち合わせした女

powered by G-Tools

みるメモ

必ずみるメモ
2011年
*『港町純情オセロ』(東京/5月~)
...and more

出来ればみるメモ
*LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』(3月~仙台ほか)
*『ベッジ・パードン bedge pardon』(6/6~7/31、世田谷パブリックシアター)
*ウーマンリブvol.12『SADSONG FOR UGLY DAUGHTER』(6月~東京他)
*TEAM NACS『5D』(詳細未定)
*新感線プロデュース『髑髏城の七人・零』(秋以降・詳細未定)

...and more

みたまんまのうごき

■2011年のうごき
○1月
*グループ魂『客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負』(zepp仙台)
○2月
*真心一座身も心も ザ・ファイナル『流れ姉妹 たつことかつこ~エンド・オブ・バイオレンス~』(東京/本多劇場)
*葛河思潮社『浮標』(東京/吉祥寺シアター)
*毎日かあさん(映画)
*琉球ロマネスク『テンペスト』(東京/赤坂ACTシアター)
…coming soon

過去のうごき
2010年のうごき

ブログ内検索

RSSフィード

かっぱっぱ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。