2011年注目TV

【水】
水曜どうでしょうClassic (KHB24:15-24:45)

最近の記事

気になるリンク

カテゴリー

月別アーカイヴ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログリスト

プロフィール

せんと

Author:せんと

本家Blogはこちら

 TEAM-NACSでは安田顕さん、音尾琢真さんのお二人から目が離せない、舞台観劇初心者。
ダイアログ・イン・ザ・ダークの仙台開催熱烈希望!
 一生のうち、必ずルーヴル美術館に行きたい私です。

---

FC2カウンター

ひねくれ小童
常にエキセントリック自分目線で!映画や舞台などの感想をメインに書いてます。TEAM-NACSの安田さん・音尾さん、劇団☆新感線の右近さんを暴走気味に応援中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチコピーを考えろ
前回のエントリーに引き続き、「任侠ヘルパー」ネタです。
いろんなところを見てるとツッコミ満載、意外とコメディチックに作ってあるんですが(ご飯のシーンとか)、昨日は何よりも次回予告に吹きました。
次回のキーワードになりそうな言葉が、キャッチコピーとして文字で予告映像とともに流れるんです。
で、昨日のはね…

「任侠おくりびと」

なっ…何ソレーーー!!!

何という違和感!ついつい爆笑しちゃったよ。予告とはいえ…おくりびと、はないでしょうよ。それは職業の名前(通称)でしょうよ。ドラマタイトルが「任侠ヘルパー」なので、任侠と何かをくっつけたいのは分かるが、タイトルとごっちゃになってもう、何の職業か何の話なのか分からない(笑)。キーワードどころじゃないじゃないのよ。
せめて「任侠と…人と…看取り」とか、もっと、なんか、なかったのか?(苦笑)

いろんな意味で、最後まで見てしまうドラマです(笑)。
スポンサーサイト
何が何でもというわけではないけれど
今季のドラマ、リアルタイムで見る率が高いのは、実は任侠ヘルパーだったりする。
(コールセンターはもっぱら録画。金曜の夜は何かと忙しいので)

すごく好きな俳優さんが出ているというわけでもなく、話がちょう面白いというわけでもないし、老人ホームの中身は誇張してあったり、だいぶ薄くしてあったりするなーと感じるのだけど、それでも私が見てしまう理由は


きっと

さして遠くない未来、私が直面する現実のかけらが
鏡に反射する光のようにひらひらと動きながら目を刺すように

映ってる


ってことに気付いているからなんだと思う。
私はまだ、どーにかしよう・どーにかなろうと思えばどーにかできる年齢だけど、親はそうじゃない。そのことを考えるだけで、なんかもう、いろんなことに悩んでしまい、一歩を踏み出せないでしまう。

どうしたらいいんだろう。
どうしたらいいんだろうね。
龍馬伝
お友達に教えてもらったのですが、来年の大河ドラマ『龍馬伝』に!
なんと!

なおちゃんがーーー!!

K・O・U・F・U・N

主役は福山さんで、洋ちゃんも出るけど!出るけど!私の目はなおちゃんまっしぐらで!(我ながらいたいなあ)
なおちゃんの役名って、どっかで聞いたことがあるぞ。うーんうーん、誰だろ。幕末ものが苦手なので、どうも良く分かんないけど…その私が覚えているぐらいだから、結構出るんじゃないのー?のー?

【追記】
続きを読む
ポツネンなテレビ
小林賢太郎さんが、今日の夜にBS-hiでポツネン的番組をやるそうで。
ついさっき、初めてCMを見たわ!
そんな話(テレビ)をやるとはちらりと知っていたけど…あ、タイトルはポツネンじゃなかったです。なんだっけ、という位の知識しか、今の私は持ち合わせてナイノヨー。

去年のポツネン(舞台)を観に行きましたけども、おおぉ~っていう驚きと笑いで終演後はワクワクがおさまらず、スキップして帰りたくなったもんなー。確かにテレビ的要素満載だなあと思ったけど、ほんとにテレビで(しかも、エネッチケービーエスハイ!)やることになるとは、まあ驚いたし嬉しかったぜ!
舞台版とは違うアプローチに、またワクワク。
これは毎週やるのかな?それとも今夜だけなの?何せCM(っつうか番組紹介)をさっき初めて見てあわあわしてるので、詳しいことがわかってないよ私は。
だからか、余計にドキドキ・ワクワク。

楽しみス。純粋に。
元気出していきましょう
今期注目のテレビ番組にはリストアップしなかったけど、ちょいちょい見てしまっているドラマ「ハタチの恋人」。
先週は見逃してしまったんだけど、どうやらユリに圭祐がついていた嘘がバレたようで。
とはいえ、最初からユリの方が、圭祐=森山リュウって強く思い込んでたハズなのにねー。まあいいや。いつバレるのか、楽しみにしてたところはあるし(笑)。
今週はその後の驚くべき真実が見えてくるところまで、でストップ。

話は変わるけど、少し前の回で圭祐がユリに宛てたメッセージが幾度となくリフレインされる。

「いいことがあったり、悪いことがあったり、またいいことがあったり。そのたび喜んだり、悲しんだり。人生はそんなことの繰り返し」



圭祐役のさんまさんは「そのままじゃねーか!」という感じがするくらい、普段テレビで見てるさんまさんと変わりがないように思えるし(それはやはり、あのしゃべりとキャラが際立ってるからなんだろう)、ユリ役のまさみちゃんが今週見せた凶悪な顔は某エ●カ様と対を張るほどで、見ているこっちは「うわ・・・」と引いてしまったんだけど、このメッセージのシーンはそれを忘れさせてくれるほど素敵。
ああいうメッセージを年上の人に貰ったら、私もすごく大切にしちゃうだろうなあ。

先週からこの連休にかけては、溜め息を何度も繰り返したくなるような出来事が重なって、もう誰にも会いたくないし何も聞きたくないと思うことが強くあったのだけど、このメッセージのおかげでちょっぴり救われた気分になれた。


光
ドラマとは全く関係ないけど、21日に発売されたばかりの銀杏BOYZの「光」。これも泣けるんだ。名曲だよ。カップリングの「ナイトライダー」も凄く素敵。
つらいことがあった夜、聞きながら眠りたい。

お勧めステージDVD

HTBマスコットキャラクター ねんどろいど 着ぐるみonちゃん (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)

◎噂の男 DVD

HONOR~守り続けた痛みと共に
HONOR~守り続けた痛みと共に

新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』
七人の恋人
七人の恋人

SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」

キレイ 神様と待ち合わせした女
キレイ 神様と待ち合わせした女

powered by G-Tools

みるメモ

必ずみるメモ
2011年
*『港町純情オセロ』(東京/5月~)
...and more

出来ればみるメモ
*LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』(3月~仙台ほか)
*『ベッジ・パードン bedge pardon』(6/6~7/31、世田谷パブリックシアター)
*ウーマンリブvol.12『SADSONG FOR UGLY DAUGHTER』(6月~東京他)
*TEAM NACS『5D』(詳細未定)
*新感線プロデュース『髑髏城の七人・零』(秋以降・詳細未定)

...and more

みたまんまのうごき

■2011年のうごき
○1月
*グループ魂『客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負』(zepp仙台)
○2月
*真心一座身も心も ザ・ファイナル『流れ姉妹 たつことかつこ~エンド・オブ・バイオレンス~』(東京/本多劇場)
*葛河思潮社『浮標』(東京/吉祥寺シアター)
*毎日かあさん(映画)
*琉球ロマネスク『テンペスト』(東京/赤坂ACTシアター)
…coming soon

過去のうごき
2010年のうごき

ブログ内検索

RSSフィード

かっぱっぱ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。